歯医者の一言(酸蝕歯:さんしょくし)

歯医者の一言(酸蝕歯:さんしょくし)

身近な酸の食べ物や飲み物が歯を溶かす、それが酸蝕歯です。

コーラ、黒酢、スポーツドリンクや果物などが酸性が強いものです。

では、酸蝕歯にならないた為にはどうすれば?

①酸性の飲食物を口にしたら、そのあとすぐに水やお茶で口の中を中性に戻す。

②酸っぱい物を食べたら、30分ほど歯磨きを控える。

酸でエナメル質が弱っているところに歯磨きをすると、削れてしまいます。

唾液の力でお口の中を中性に戻してから歯を磨くとよいとされています。

③フッ素入り歯磨き剤やジェルを使う。

④柔らかい歯ブラシを使う。

⑤口が乾いている時は酸性の飲み物を避ける。

⑥赤ちゃんに哺乳瓶でジュースを飲む習慣をつけない。

世の中には、酸性の食べ物はごまんとありますので、それを食べずに過ごすことは、大変難しいことです。

ですので、食べた後は、水やお茶で口の中を中性に保つようにすることを心掛けることが大切です。