歯医者の一言(歯周病になってしまった後のケアー)

歯医者の一言(歯周病になってしまった後のケアー)

日本人の成人の8割が歯周病と言われています。

歯周病になってしまったら、まずは毎日のケアーが大切になります。

歯周病用の歯磨き剤を使うことはもちろん、歯間ブラシやフロスで

歯と歯の間に汚れを残さないことが重要です。

また、歯と歯茎の間の汚れを歯科で歯科衛生士により除去してもらうことは必至です。。

歯垢が細菌を繁殖させ、重症な歯周病になってしまうと治療には大変な時間とお金がかかります。

定期的に歯科でしっかりと”お掃除”をしましょう。

 

肌や髪の毛にお金をかけるように、歯にもお金をかけて、十分にお手入れをしてくれることが

私たち歯科業界で働いている者の望みです。