歯医者の一言(コロナのさなか嬉しかった出来事)

最近のコロナ情勢は、少し落ち着いたのかな?と、少し胸をなで下ろしながらも、

気を抜くまいと、緊張しながら仕事をしているところです。

医療従事しの私たちは、”移らない、移さない”を徹底しながら毎日戦っている気がします。

様々な所で様々な人が様々な事を言い、それは往々にして私たち医療従事者の心をどん底に

落とすこともあります。

 

そんな中、素敵な出来事がありました。

今日、ある患者さんが私たちにフェースシールドを『あなた達が使ってください。僕が持つものではない。』と持ってきてくださいました。

また、足のお悪いおばあちゃまが、暑い日に重たいだろうに多くの缶ジュースをリュックに背負って『冷やして飲みなさい』と。

一番コロナがピークの時期には、一人2つは食べられる量のシュークリームを黙って受付に渡して下さったおじ様。

こうやって、応援してくださる人がいる限り、私たちも皆さんの力にならねばと思いました。

 

本当にありがとうございます。嬉しかったです。