まつき歯科クリニックの診療科目

一般歯科

一般歯科とは、虫歯、歯周病、および入れ歯などの治療を主とする歯科診療のことをいいます。
いわゆる「歯科」の治療のことですが、「小児歯科」、「矯正科」、「口腔外科」などの専門標榜科に対してわかりやすいように、一般歯科として説明することが多くなっています。
的確な治療方針のもと、安心・安全な歯科治療を心がけていきます。

小児歯科

こどもは大人のミニチュアではありません。
体とともに心も日々成長し、変化していきます。
そんなお子さんたちに対するお母さん方の素朴な疑問にもていねいに答え、歯と口を中心にお子さんの成長発育をお母さんと一緒に細かく考え、誘導・管理していくのが小児歯科の本来の役割です。
日々変化していくお子さんたちの成長とともに治療計画を考えます。

虫歯治療

虫歯の原因は、お口の中に常にいるある種の菌が、食べ物の残りかすに含まれるいくつかの糖を利用して作った酸による歯の脱灰です。
できるだけ歯は削らない・抜かないのが基本ですが、一度虫歯菌に感染して脱灰した部分は、削り取らないと治りにくいのが現状です。
できるだけ進行が少ない間に治療することが大切です。
また、歯の神経にまで感染が進行していなければ、神経は残すことができます。
よく歯の神経と言いますが、実際は神経だけではなく、歯に栄養を送っている血管も含まれています。
つまり、「神経をとる」ということは、「血管もとる」ということであり、「歯は死んで」しまうのです。
幸い神経・血管をとった後でも、適切な処置をすれば歯は暫くの間残すことができ、咬むこともできます。
ただ、神経・血管のある歯よりは寿命が短くなります。
定期的な検診により、早期発見・治療が大切と考えます。

歯周病治療

歯周病とは、歯の周りの歯茎に起こっている炎症で、歯肉に限局する歯肉炎と、他の組織(特に骨)にまで炎症が広がっている歯周炎に別けられます。
歯肉炎の場合は、ブラッシングをしっかり行うことなどによって炎症をなくせば回復することが多いのに対して、歯周炎の場合は、炎症をなくしてもすでに組織がダメージを受けているので元のように回復するのは難しく、「進行を止めて現状を維持する」ことが目的になります。
歯周病を放置すれば歯の周りの骨がなくなり、「熟れたトマトのような歯茎から歯が抜け落ちる」ことにもなりかねません。
また、最近の知見では、歯周病は、心筋梗塞やバージャー病、肋間神経痛、三叉神経痛、糖尿病と密接な関係にあることが解ってきました。
歯周病を予防することは、これらの病気を予防することにも繋がります。
定期的な検診はもとより、毎日の的確な清掃が大切と考えます。

義歯(入れ歯)治療

残念ながら歯を失った部分には、何らかの方法でそのスペースを補っておく必要があります。
もしそのまま放置していると、隣の歯が倒れてきたり、咬みあう相手の歯が伸びて(実際に歯が伸びるのではなく、歯茎から浮いてくる)きて、咬みあわせに影響します。
奥歯の咬みあわせは非常に大切で、物を食べにくくなったり、発音しにくくなったり、しっかり食いしばれないことで手足に力が入りにくくなったりすることもあります。
最近の研究では、認知症との関連があるのではとの報告もあります。
また、奥歯の咬みあわせが低くなる(歯が倒れたり、なくなったりした結果)と、上の前歯を下の前歯が突き上げる形になり、上の前歯が動揺して早期に歯を失う原因になります。
咬みあわせは出来るだけ健康的に保つべきだと考えます。

インプラント治療

歯を失った部分を補うにはいくつかの方法があります。
それぞれ一長一短でどれが最良であるかということは言えませんが、条件が整えばインプラントという選択肢があります。
インプラントは、義歯(入れ歯)のように「咬んだ気がしない」「味がしない」「取り扱いが面倒」といったことがありませんし、ブリッジのように隣の歯を削る(虫歯のない歯を削るのはちょっと・・・?)こともありません。自分の歯のように咬むことができる、メリットの多い治療法だと言えます。
ただ、歯茎の下の骨に「ねじ止め」しないといけないので、しっかりとした健康な骨である必要があります。
現在から将来に亘っての、骨の病気や感染を起こしやすく骨に影響が出るような場合は難しいかもしれません(骨粗しょう症、コントロールされていない糖尿病、腎臓病、その他手術を行うことが難しいと判断されるようなもの)。
適応を見定めた上での最適な治療が大切だと考えます。

矯正治療

整った歯並びは好印象を与えます。
ある調査では、歯並びで第一印象が左右されると考える人は4人中3人に上るなど、好印象を与えるのに歯並びが大きく影響していることがわかります。
その他の印象として、「清潔感がある」「健康的」「上品」「育ちがよい」など、外観の雰囲気から想像されるイメージも良好なものが多くなっています。
「歯を見せたすてきな笑顔」による効果でしょうか。
ただ、歯やあごの形や大きさは人によってまちまちですし、成長の度合いも違います。
歯を動かす時期や期間、スペースを作るために歯を抜く必要があるのかないのかなど、専門医による的確な診断と適切な治療が大切だと考えます。

予防治療

できるだけ削らない・抜かない治療が基本ですが、それ以前に、虫歯・歯周病にならないことが最も大切です。
虫歯も歯周病も感染症です。どんな感染症に対しても同じですが、その対策は、①感染の原因となる菌の数を減らすこと、②感染に抵抗できるだけの体力(免疫力)をつけること、です。
毎日のお口の中の清掃はもちろんですが、食生活習慣を整えること(決まった時間に食事を摂り、
お口の中に食べ物が残る時間をできるだけ短くする)、健康的に体調を維持・管理することなどが重要です。
定期的な検診を行いながら、お口の中の清掃のお手伝い(毎日の清掃で取りきれない部分)と虫歯の予防処置、そして健康の維持・増進のためのアドバイスをさせていただくことが大切だと考えます。

審美治療

基本的な考え方として、どんな治療においても審美的な要素は大切だと思っています。
「見た目の体裁をただ繕うだけ」ということではなく、「きっちりとした裏付けのある治療を行ったうえで見栄えにもこだわる」ということです。
ただ、国の保険制度では治療の方法や材料が決められていて、それ以外用いることができません。
保険治療の範囲で審美的な部分を回復することが難しい状況であれば、保険外(自費)の治療を行うことになります。
セラミックを使った詰め物や被せ物、ホワイトニング、インプラントなど、いろいろな方法や材料があります。
ご自身にとって「何が良いのかよくわからない」といったことがあれば、まずお聞きいただきたいと思います。
お互いが納得いくまで話し合うことが大切だと考えます。